FreeBSD 6.2 → 6.3 → 7.0 (途中

3年前,M1の頃に何かのエラー(忘れた; id:flappphys:20080224:p2 の直後)でまともに動作しなくなったFreeBSD入りノートPCを久々に立ち上げたら動いたので,OSのアップデートをかけてみた.

Ports内をまるっとリビルドしないといけないらしいが,私はFreeBSDはほとんど分からん(勉強しようと思って入れた直後に動かなくなった)ので,そこで止まっている.最新版は8.1か...
思い切ったことをしてる人もいるようだ:

ちなみにそのノートPCは2000年モデルの日立 Prius 204T45NJ*1 (Celeron Coppermine-128K (P6) 450 MHz; 64 MB RAM) という博物館モノである.ARMとどっこいどっこいとか... もうね...

USBフラッシュメモリからはブートできない(CD-ROMかFDD)上に,SDカードのスロットなんて無い.PXEブートどころかLANはCardBus PCカードで外付けである.ここまで時代遅れだとOS遊びにも使えない... 日立は今はもう家庭向けノートPC作ってないんだよね.